Artealnatural-薬と健康と薬剤師-

求人が絶えない仕事でも知られる薬剤師。その実情を知ってみませんか?

調剤薬局
投稿記事

調剤薬局の現状

調剤薬局の多くは、しっかりとした利益を得るために、大きなショッピングセンターなどの近くに店を構えるということが多いということをよく聞いたことがあります。ちなみに、ある統計調査では一つの薬局あたりに、2000人以上の患者が来るということもあるようで、万が一、近くに大きな病院やショッピングセンターなどがあっても、それが潰れてしまったりなどした結果、調剤薬局の収入が大きく減ってしまうというケースも稀にあるということを聞いたことがあるような気がします。しかし、それでも、地域に根ざした薬局として、運営している場合には、数少ない利用者にとって、大きな痛手となってしまうという、難しい事態を招きかねないということもよく知られているわけで、このあたりは、しっかりとしたさじ加減が、国などの政策によって定められることが求められていると言えるのではないでしょうか。一般的に、日本では、治療をする場所と薬を処方する場所を分けるということが昭和の時代からなされてきて、それが少なからずメリットとして働いた部分はあるかもしれません。例えば、病院での一連の導線が明確に示されているようになり、患者が迷わなくなったこと、薬局においては薬の調合に専門性を高めて集中できるためにミスが大きく減ったことなど、メリットが多くあるということは確かに言えるかもしれません。マイナスの結果を気にするよりも、プラスの結果に目を向けた方が良いという風に言われることも多いわけですが、近年では、マイナンバー制度などの会社によって税金などが番号で一括に管理されるということが増えてきたようで、このような結果として患者自身が病院に行った後に薬局に寄る必要がなく、マイナンバー制度に紐づけられた情報によって、薬が家に届くというような展開が予想されるのはど薬局の意義というものが大きく揺らいでいるのが現代でもあるということを多くの人は知らないままでいるのかもしれません。このような事態を招いてしまったのは、調剤薬局の多くが自動的に経営してきたことにも起因すると言ってしまってもいいのかもしれません。

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です