Artealnatural-薬と健康と薬剤師-

求人が絶えない仕事でも知られる薬剤師。その実情を知ってみませんか?

薬学教育
投稿記事

薬学教育

これまでの、薬学教育というのは新しい薬を効果的に使うということに視点が、置かれていたために、患者がその薬に対してどのような気持ちを持つのかという患者サイドの視点が大きく欠けていたということは、しょっちゅう言われることであり、そのような中で薬学部が6年制に移行して患者から見て薬剤師はどう見ているのか、というような双方の視点から医薬品などを考える、というような授業も多くなってきたという風に聞いたことがあります。患者に対して、一方的に、薬を押し付けて直すという考え方ではなくしっかりと患者との間でコミュニケーションを取って、この薬はどのようにして使えば良いのか、どのようなメリットやデメリットがあるのか、ということを懇切丁寧に話すということが求められてきたと言えるでしょう。常に、患者に寄り添いながら話を進めていくということは、どんな 薬よりも重要であると言えるでしょう。ぶっきらぼうに薬を押し付けられるように渡してしっかり飲んでください、という風に言われるだけでは、患者は全く安心しませんし薬剤師としてしっかりとした心構えを持って患者本位の視点で薬を扱うということが、何よりも重要だと言えるでしょう。このような考え方というのは、簡単に広まるものではありませんし、それぞれの薬剤師がしっかりとした自覚を持って、このようなことを実行していくということが何よりも重要であるということは確実に言えるでしょうし、自分自身が医療に関わっていると言う高い使命感を持っていくことが重要です。命の尊さについても、しっかりと重く受け止めて、薬を処方していけば、明るい薬学の未来が待っていると言えるかもしれません。その中には自分自身に対する考え方も重要ですし、薬に詳しくなると言う研究的な知見も必要になってくるでしょう。

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です