Artealnatural-薬と健康と薬剤師-

求人が絶えない仕事でも知られる薬剤師。その実情を知ってみませんか?

胃酸の中和の弊害
投稿記事

胃酸の中和の弊害

胃腸薬は胃の不調を抑えてくれるわけですから、飲み会等では大いに役立ちます。服薬した途端に気分が良くなり、飲食を続けることが出来るようになる可能性も高いでしょう。しかし胃腸薬の副作用を甘く見てはなりません。不快感が消失したのには理由があり、胃酸が中和されたからに他なりません。胃酸を中和してしまうと、胃酸は単なる液体に変質します。そうすると胃酸の本来の役割である細菌やウイルスの駆除が機能しなくなり、微生物が体内に侵入し易い状態がしばらく続くと言われています。

それだけではありません。胃酸が機能しなくなってからも飲食し続けると、胃で処理することが出来なくなり、やがて胃炎が発生するでしょう。胃炎は長く続けば胃潰瘍に発展しますから、胃腸薬が立派な病気を生んでしまう可能性もあるのです。因みに胃潰瘍を放置し続けると胃癌に変わると言われているため、出来る限り早期の治療が必要になります。
確かに胃に不快感を覚えれば、胃腸薬を呑みたくなるでしょう。しかし暴飲暴食を契機として市販の胃腸薬を呑むのは最も危険な行為です。胃腸薬には処方薬もありますが、こちらは暴飲暴食以外の理由で医療機関を訪れた人が服用することも多く、例えば胃の機能不全や逆流性食道炎と診断されてから、個々人の症状に合わせたものが処方されます。これに対して市販薬は、総合胃腸薬として販売されています。つまり胃腸のあらゆる症状に対して効果するような成分で出来ているため、その副作用が大変心配されるのです。

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です